現在リニューアル中|2021.11~

Activities 生徒の活動

第83回河北美術展開幕!本校生徒・卒業生・教員、賞候補1名、入選5名!

2022年5月11日

「第83回河北美術展」に本校生徒作品2名が洋画部にて入選。また、在校生以外では本校卒業生と教職員が5名入選。今年度3月に本校美術・デザイン科を卒業した中野優音(南吉成中出身)さんが彫刻部で賞候補に選出。他には洋画部で卒業生の東北生活文化大学3年京那粋さん(北仙台中出身)、東北芸術工科大学2年安藤夢さん(広瀬中出身)が入選、日本画部では卒業生の數本冴英佳さん(長命ヶ丘中出身)、本校美術教員の小野寺康先生が入選と在校生合わせて7名の作品が選ばれました。各部門ごとに本校生徒、教職員が入選を果たす活躍となりました。

河北美術展は河北新報社主催の宮城県内で全国最大規模の全国公募展です。審査委員には日展や国画会、独立美術協会、二紀会、モダンアート協会、日本美術院など中央画壇と呼ばれる全国有数の美術団体の会員の方が審査委員をし、県内で美術活動をする方の登竜門と県民の美術愛好家へ向けた文化事業として開催されてきました。近年では東日本大震災や新型コロナウイルス感染症の影響を受け中止の年も有りましたが、今年2年ぶりに開催の運びとなります。そうした中、本校より7名の生徒・卒業生・教職員の作品がTFUギャラリーミニモリにて5月11日〜5月17日まで展示されます。

 また、河北美術展における本校の過去の実績としては2009年の74回展から在校生・卒業生が多数の作品を応募するようになり、最高賞の河北賞受賞者2名を含め、入賞者が8名、賞候補者が2名、入選が約50名に上ります。今年は卒業生の中野さんが彫刻部で6番目の賞候補となりましたが、入選倍率が高い県内レベルの一般公募展において10代、20代の本校生徒・卒業生が大健闘を果たしました。次回84回展も本校関係者の活躍を期待するところです。

覧会名 第83回河北美術展   会場 TFUギャラリーミニモリ 会期 2022年5月11日(水)〜517日(火)

 

第83回河北美術展 本校関係結果

洋画部 入選 3年生 佐藤 創瑠(増田中出身/美術・デザイン科8期生)

洋画部 入選 3年生 高橋 歩花(錦ヶ丘中出身/美術・デザイン科8期生)

洋画部 入選 卒業生 京那 粋(北仙台中出身/美術・デザイン科5期生/東北生活文化大学美術学部3年)

洋画部 入選 卒業生 安藤 夢(広瀬中学校出身/美術・デザイン科6期生/東北芸術工科大学2年)

 

日本画部 入選 卒業生 數本 冴英佳(長命ヶ丘中出身/普通科美術コース科9期生/東北芸術工科大学卒)

日本画部 入選 小野寺 康(本校非常勤講師)

彫刻部 賞候補 卒業生 中野 優音(南吉成出身/美術・デザイン科7期生)

↓河北美術展詳細QRコード↓

https://www.kahoku.co.jp/busi/art/

 

 

洋画部【 入 選 】

3年 高橋 歩花(錦ヶ丘中出身)「仄か」 油彩画

洋画部【 入 選 】

3年 佐藤 創瑠(増田中出身)「夏炉冬扇」 ミクストメディア 

 

彫刻部 【賞候補】

卒業生 中野 優音(南吉成中出身)「pollution」立体造形

洋画部【入 選】

卒業生 京 那粋(北仙台中出身)「大雀蜂」鉛筆画

洋画部【入 選】

卒業生 安藤 夢(広瀬中出身)「繋ぐ」 鉛筆・水彩

日本画部【入 選】

卒業生 數本 冴英佳(長命ヶ丘中出身)「いとほし」 日本画

日本画部【入 選】

本校美術教員 小野寺 康「杜の刻」 日本画