歴史・沿革

創立から受け継がれる三島学園の建学の精神

三島学園は1900年(明治33年)、三島駒治、よし両先生によって「東北法律学校」として創立されました。しかし、当時の東北地方の女子 教育の立ち遅れを痛感した両先生は、3年後には和洋裁縫を中心に教育する東北女子職業学校を創立。戦後の学制改革により、1948年(昭和23年)に三島学園女子高等学校となりました。2003年(平成15年) には共学制となり、「東北生活文化大学高等学校」と校名を改称しました。本校の建学の精神「励み・謹み・慈み」は、創立者三島両先生から、今にわたって受け継がれています。

初代理事長 三島駒治 二代理事長 三島よしの写真を紹介。本校の校訓は「励み」「謹み」「慈み」です。

三島学園の変遷

←← 表をスライドできます

三島学園の変遷を図で紹介しています。1900年(明治33年)東北法律学校として開校してから、2013年(平成25年)までを紹介しております。
資料請求はこのボタンをクリックしてください。